ECサイト・Eコマース

ECサイトやオンライン販売の幻想

WEBサイトでの販売は、人件費や家賃など固定費が不要で、卸売価格ではなく小売価格で販売できて、企業にとって利益が厚い。ユーザーにとっては、同じものであれば価格をすぐに比較できるため、より良いものが安く買うことができる。確かに、総論ではその通りです。しかし、自社の代わりに説得力と客観性をもって自社の製品の魅力を伝えてくれる人はおらず、購買に伴う顧客体験は相対的に薄く、また、通常であれば買いに来てくれていた顧客のもとへラストワンマイルさえコストをかけて運び、配送先やクレジットカードといった個人情報を安全に受け取る必要があります。
Eコマースにおいては、取引や注文が受信トレイや銀行口座に表示されるまで、オンラインでビジネスを行うことは抽象的な理想でしかないということを受け入れる必要があるのかもしれません。私たちは、この抽象的な理想を実際に実現するためのEコマース成功のカギは、「圧倒的な利便性や商品の魅力」もしくは「習慣性」だと考えています。

成功するECサイト構築のために

そのため、私たちはオフラインの取引の魅力に敬意を払い、リアルショッピングの対抗手段としてECを扱わず、ともすればオンラインにおいて大きく損なわれる購買における利便性を解消することに注力します。「ECを前提とした顧客の利便性」ではなく、「オフラインと共存するECサイトの構築」が私たちの提案する形です。
オンライン分析を売上分析から創造的な実装およびテストにまで昇華するWEBマーケティングの実現や、 Paypalの「今すぐ支払う」ボタンや、既存のショッピングカートの並べ替え機能といった細かい点に至るまで、私たちはクライアントと協力して「ビジネス全体を見渡した最適なEC」を実現します。

興味をお持ち頂けたら、お気軽にこちらからご連絡下さい。